アパレルアルバイト 大学生

ほとんどのショップで店の服を着るように指導される

販売員は、ほとんどのショップで店の服を着るように指導されると思います。

これは、ショップの店員さんが着ているからという理由で、消費者に同じ商品を買ってもらい、売り上げアップに繋げるためです。

なので、店頭に並んでいる服でコーディネートすることが理想になりますが、中にはそれ程厳しくなく、自由な服装で店頭に出ても良いというところもあります。しかし、店のイメージに合った洋服といった条件が付いている場合もあります。

また、メンズのショップで働く女性の販売員や、逆にレディースのショップで働く男性の販売員もいるので、その場合、店の洋服を着ることが難しい場合もあります。

その場合には、なるべく店のイメージに合った洋服を着ることが望ましくなっています。

例えば、メンズのショップで女性の販売員が働く場合には、スカートを履かず、パンツスタイルのできるだけボーイッシュな服装をするなど店のイメージを壊さないことが大切です。

アルバイトでも店の洋服を着ることは大切

販売員としてずっと働いていると、好きなブランドで働いている場合、欲しい洋服が何点か出てくるかと思います。

それで洋服を買ってしまい、アルバイトの場合、給料も少ないので、洋服代に消えてしまったという人もいるかもしれません。

そうなると、一体何のためにアルバイトをしているのか分からなくなってしまうので、店の洋服を買うのは良いですが、ほどほどにしておくようにしましょう。

もちろん店の洋服を着るのは理想になるので、アルバイトでも店の洋服を着ることは大切です。